元上場企業の人事関係者がお送りする、就活に役立つサイト限定LINEへのご招待です。

【20/21卒】「無い内定」になる学生、ならない学生の違いは?原因と対策を説明します

就活苦労人向け

内定が取れない「無い内定」。
かつては自分もそうでした。

ですが私も社会人になって人事も経験し、分かったことがあります。
無い内定にならない「キモ」があるんです。

そう、内定を取るにはこれさえ抑えておけば大丈夫、というものがあります。
その「キモ」さえ抑えておけば、どんな低学歴でも、マナーがなってなくても、内定は出るんですよね。

当時の私は理解していなかったで、とても苦労しました。

その「キモ」ってなんやねん!という方のために、
…順番に説明していきますね。

元上場企業の人事関係者が、就活の裏情報をLINEでぶっちゃけます

無い内定になるそもそもの原因とは?

「無い内定」になる原因①:情報を絞りすぎている

さて、無い内定に最も多い理由がこれです。視野が狭い、ということですね。

曖昧なイメージをもとに、こういう働き方がしたい!と思ってませんか?
私はそうでした。

「古臭い日本企業とかイヤだから、外資系に行きたい」
「外資系でもカッコいいところがいい」
「→コンサルだな!」

…ひどいですね笑
日本企業だっていろいろありますから、一概に古臭いわけがないです。外資系だって老舗はいっぱいあります。しかも、カッコいいところの基準が謎すぎますね。それでコンサルとか言っていたのだから、本当にひどいです。

こういう適当な絞り方をしていると、情報媒体も限られてきます。無駄に限定されすぎているので、企業数が少ないんですよね。そして募集の締め切りがすぐにやってくる。
で、気づくといつの間にか内定がもらえていないわけです。

こういう失敗を繰り返さないためには、いろんな人に相談するのが一番です。
先輩や、キャリア相談室の人、就活アドバイザー、友達でもいいでしょう。とにかくいろんな人に聞いてみると、自分が持っていたイメージと違う!ということが起こるはずです。

いい加減な自分のイメージはいったん諦めて、本当にそうなのか?を考えてみましょう。働き方なんて同じ企業でも違います。大企業であればなおさらです。
「この企業でないと自分は向いていない!」と思い詰めないようにしましょう。
人と会って、いろんな情報に触れましょう。
それが内定への近道になります。

「無い内定」になる原因②:自己分析が甘い

自己分析をやらないとどうなるか?
相手に見抜かれるだけです。

はい、そうなんですよね。企業側の担当者、人事もプロです。
なぜプロなのかというと、人事は人材を見抜くことに給料と将来がかかっているからです。

どういうこと?と思われるかもしれません。ですが、単純です。
人事は「採用した人が長く勤める」「きちんと実績を挙げる」の2つで評価されます。人事のお給料の決め方(査定)は、そう決まっているからです。

なので自己分析が甘い人が「なんとなく、良さそうだから入りたいんです」という理由で面接を受けたら、落とします。「あなた、なんとなく辞めるんじゃないですか?」という疑問がつくからですね。そして本当に辞められたら、人事として自分のお給料が下がってしまう。
なので、通しません。

じゃあ就活生はどうするか。
自己分析をして、自分の強みを語り、企業を説得するしかありません
今からでも遅いということはありません。志望理由を深堀りして、なぜ入りたいのか?それは自分の強み・弱みとどうつながっているか?を語れるようにしましょう。

このように語れる人は、社会人としても見込みがあります。自分を売り込めるからです。
自分も売り込めない人が、会社が作ったサービスを売り込めるわけが無いですよね。どんな企業も結局はモノを売っているわけですから、「売れる人」に興味を持つわけです。
なので、自己分析はやりましょう。自分を売り込めるようになっておくべきです

「無い内定」になる原因③:唯一の理由(=熱意)を伝えきれていない

さて、これが「キモ」です。
実は企業からしたらマナーとか、学歴とか、どうでもいいんですよ。

マナーなんて入ってから直せばいいですし(どうせ学生のマナーは皆ひどい)、人事としては学歴も最低限の信用しかしません。「まともなヤツだな」と分かる学歴であればOKです。

一番必要なのは「熱意(=唯一の理由)」です。
熱意さえ見せてくれれば、高校生だって魅力的ですし、採用します。

だって、そうじゃないですか?
恋愛だって、最初は好みじゃなくても何度もプロポーズされればその気になったりしますよね。「あなたじゃないとダメなんだ!」と言われれば、心が揺り動くものです。
あなたのサークルでも、バイト先でも、趣味仲間でもいいのですが、「技術はないですが、とにかく夢中で、入りたいんです!」という人が来て、何度も言われたら、仲間にしたくなりません?

会社も同じです。
熱意を見せてくれれば、いくらでも伸びしろがありますから、教えればいいだけです

私がやっていたダメ就活では、こういう情熱がなかったので、社長面接で落とされまくっていました。「条件で絞った中で御社が一番よかったので〜」とか言っていたんですね。
絞った中で一番よかった、というのは、消極的な理由ですよね。その企業でなくてはいけない理由ではありません。あくまで選択肢の中で良かった、というだけですから。

女の子にプロポーズする時に「あなたが絞った中で一番良かった」なんて言ったらビンタを喰らいますよね笑
「あなたのこういう所に惚れたから、あなたじゃないとダメだ!」と、唯一の理由がないとプロポーズはできないはずです。

必ず、どの企業でも「御社のこういうところが魅力なんです!自分の強みはこれで、こういう所で御社に貢献したいです!」という唯一の理由語りをできるようにしましょう。
プロポーズと同じですね!笑

無い内定を防ぐ対策とは?

就活を続けたいのなら行動する

「唯一の理由(=熱意)」を語れば、マナーや学歴が酷くても見込みはあります。
このように熱意をもって語るには、なぜ自分がそもそも就活をしたいのか?という深堀りが欠かせません。曖昧な情報や、周囲に流されてやっているだけではダメ、ということですね。

また、就活を続けたいのなら、行動は続けるべきです。
中途半端に諦めてはいけません。「諦めたらそこで試合終了」なのです。笑

そして、あなたが「無い内定」で苦しんでいるのは、既に自分のやり方が上手く行っていないことのサインです。なので就活に関しては、コミュニティを変えるのが手っ取り早いでしょう。
就活に関してコミュニティやグループに属していないなら、成果が出ていそうなコミュニティやグループに飛び込んでみるべきです。そこで就活アドバイザーなり、就活仲間なりに話してみましょう。自分の世界が広がってくるはずです。

そして成果が出ているコミュニティで一番良いのは、Meets Companyですね。
ここは毎年5,000人が就職を決める、という実績をきちんと出しています。やはり、困った時は実績があるところに行くべきでしょう。
サッカーでも野球でも、強豪校にいい選手が行きますよね?あなたも強くなりたいなら、強豪校に行くべきでしょう。

あと、変に業界を選ばない方がいいです。とにかく無い内定が嫌なら、ショボくてもいいから内定を取ってから考えろ!というのが、ダメ就活をしていた自分に一番言いたいことです。
その点、業界を広げられて、特別選考まで用意してくれるのがMeets Companyなので、いいんですよね。とにかく一度申し込んで、行ってから悩みましょう笑

就活以外の選択肢は?

ちなみに、就活以外の選択肢もありますよね。
筆者が体験した選択肢もあるので、実際に体験した立場から選択肢と感想を書いていきます。

留年して再起を図る

筆者は留年しているのですが、ぶっちゃけ一年は長いです。特にやることがないと辛いですね。
きちんと就職を決めるために対策をするのであれば、有意義に使えます。
また来年も新卒というカードを切れる、というメリットもありますね。

デメリットは友達が先に卒業するので、辛いということでしょうか。
ただ自分がやりたいことがあるのであれば、納得しているのでそんなに辛くないですよ。

とにかくダメなのは「なんとなくキツそうだから留年」です。やることが定まらず、一年伸ばした意味がなくなります。繰り返しになりますが「こういうことをするために留年するんだ!」という意志があれば辛くありません。

卒業してニートになる

筆者も少しだけやったことがあります。
これはおすすめしません。理由は、やることがなくて辛いからです。

毎日が日曜日になると、本当に朝起きて、何もないということが苦痛になります。
友達は平日は仕事ですし、社会人になれば土日は家で休みたいという人も多いですから、そんなに遊んでくれるわけでもありません。

何より、社会的な目が辛いですね。
賃貸物件でも審査が通らない、カードが作れない、親戚にいろいろ言われる…。
そこまでしてニートになるのはどうなんですかね。私はおすすめしません。

個人事業主になる・起業する

さて、これも聞こえはいいですが、一番きついです。
別にあなたが個人事業主や社長になったからといって、最初はニートとなにも変わりません。仕事を恵んでくれる特別なコネがあるならともかく、普通の人は振り向いてくれません。

しかも学生ですから、なにか専門で売れるようなスキルもないわけです。
なので毎日必死で努力するしかありません。Youtubeに面白い動画を投稿するのもスキルですし、株ならチャートの読み方を勉強して利益を出すようにしないといけません。

頑張って何かをしたところで、成功するかは分かりません。就職と違って、あなたの頑張りは全く評価されません。結果が全てですから。
しかも個人事業主というのは、不安定ですから社会的にも白い目です。あなたの好きな人がいたとしても、たぶん結婚できないです。お義父さんが許さないでしょうから。

そういう世界だと分かっていて、やる学生さんがいれば…個人的には応援しますよ!

…まあ、ここらへんは最終手段ですね。
チャンスがあるなら、就活をしたほうがいいと思います。

「無い内定」を防ぐまとめ:対策・行動しよう

とにかく、情熱で語れるようになりましょう。
そして、行動しましょう。それが一番の近道です。

無い内定から脱出したいのであれば、成果の出ているコミュニティに行くべきです。筆者のおすすめはMeets Companyですね。それ以外の道は…正直つらいものばかりなので、就活イベントに行くべきだと思います!少なくとも行ってから悩みましょう!

タイトルとURLをコピーしました