元上場企業の人事関係者がお送りする、就活に役立つサイト限定LINEへのご招待です。

「他社の内定、ありますか?」と聞かれたらどうすべき?

就活苦労人向け

就職活動も最終段階。
面接を重ねるうちに、以下のような質問をされることが出てきます。

「他社での内定はお持ちですか?」
「どちらの内定をお持ちですか?」
「仮に弊社の内定が出たらどうしますか?」

就活生は、どう答えるべきなのでしょうか?

元上場企業の人事関係者が、就活の裏情報をLINEでぶっちゃけます

面接官が他社の内定を聞く理由

まず、この質問をされる時点であなたは内定がかなり近いということは覚えておきましょう。
恋愛で例えるなら、付き合う前の好きな人から「○○くんの理想のタイプってこんな人?」と質問されまくるようなものです。かなり脈アリだと見て間違いありません。

ただし、だからと言って付き合えるわけではない。これは就活も同じです。答え方によって、付き合えなくなる=内定が出なくなる場合もあります。
面接官が内定があるか聞く理由。それは面接官が付き合って良いのか最後の不安があるからです。

内定を聞いてくる理由は、告白前の足固めと全く同じ

恋愛で言うなら告白前に振られないように、足固めの質問をしておくことはやりますよね。
例えば好きな人に事前に好みのファッションを聞いたり、どんな性格が好きか訊いたりします。そしてそれに合わせておいてから、告白するものです。

就活なら、面接官が好きな人(=内定を出したい人)に足固めの質問をしているのです。
「他社での内定はお持ちですか?」は、「他の人から告られたりしてます?」です。

「他社の内定を持っている」と言われた時の面接官の思考

あなたがもし好きな人に「ひょっとして、誰かから告られたりしてるの?」と聞いて「そうだよ、保留してるけど」と言われたらどうしますか?
最初は落ち込むかもしれません。ですが「じゃあ早く自分も告白しておかないと!」となる可能性もあります。

つまり、あなたが好きな人はクラスの中でも人気だということです。だからといって、諦める理由にはなりませんよね?自分がその中で一番になればいいだけですから。

就活でも全く同じです。企業は内定を出したい人のことをポジティブにとらえています。ですから、他社からも内定が出そうなら、早めに内定を出して一番にならなきゃ、と考えます。

では「全く別の業界の内定をもらっている」はどうでしょうか?
これは好きな人から「大人しめのファッションも好きだけど、実は派手なファッションも好きで…」と言われるようなものです。ちょっとその人のことを信用できなくなりますよね。なんやねん!となります。

なので、きちんと説明すればよいのです。恋愛と違って、それなりの理由があれば相手も納得します。別の業界の内定をもらっている理由はこれだ、と言えばよいのです。

「他社の内定はない」と言われた時の面接官の思考

好きな人に「誰かから告られたりしてる?」と聞いて「うーん、そんなことないよ」と言われたらどうでしょうか?ちょっと嬉しいかもしれませんね。

ですが、よく考えてみてください。絶世の美女やイケメンが、誰からも告白されてなかったら不自然ではありませんか?
あなたの好きな人は、実は誰からも好きだと言われていないということです。つまり「人気っぽく見えて実は人気ではない」ということです。となると、気になるのはその理由です。
なので、面接官は訊くのです。

「他社から内定が出ていない理由はなんですか?」
(なんであなたイケメン/美女なのに告白されてないの?)

意地悪な質問に聞こえるかもしれませんが、ここではきちんと答えることが重要です。
恋愛なら、きちんとした回答をした方が好感触ですよね。例えば「学費を稼ぐためのバイトが忙しく、恋愛は全てお断りしていた」なら、むしろ真面目な人として好感度アップしますよね。

内定の前の質問も同じです。「○○という理由で、内定を頂けなかったと考えています」ときちんと答えるなら、それは好感触です。失敗した要因を分析的に捉えられることは、すごく重要なことだからです。

逆に「うーん。なんでなんだろ。よくわからない」と言われたら?怪しいですよね。なので、やめたほうがいいのです。つまり、内定を出すかはかなりためらいます。

「弊社から内定が出たら?」は告白されたらどうする?と一緒

「仮に弊社の内定が出たらどうしますか?」という質問は「もし私達が付き合ったらどうなるのかな?」という質問と全く同じです。

あなたが恋愛で、好きな人からこの質問をされたとします。本当に付き合ってもよいと考えているのなら、真面目に答えるでしょう。逆に大して好きでもなく、あまり真剣に考えていない人からこの質問をされたら、曖昧な返答しかしませんよね。逆に質問する立場からすると、雑な回答をされたら「ああ、この人に告白してもダメっぽいな」と考えます。

なので、お勧めは真剣に答えることです。本当に内定が欲しい企業ならもちろん真面目に答えるでしょうが、滑り止め程度の内定の欲しさでも真剣に答えるのがベストです。
滑り止め企業から「内定を出したらどうしますか」と言われたら、ここは嘘をついてでも「入社を検討します。理由は○○です」と言ったほうがいいと筆者は考えます。そうしないと、相手は萎えてしまうからですね。

内定の有無は、好感度を上げるように素直に答えるのがベスト

就活で「内定の有無」については、恋愛でいう「仮に付き合ったら〜」という質問と全く一緒です。ですから、基本的には好感度を上げるように素直に答えるべきでしょう。
内定をもらうのには好感度が重要ですから、好感度を上げるために嘘をつかざるを得ない状況もあります。滑り止め内定を確保したい場合などは特にそうです。

しかし、基本的には素直に答えるべきです。
恋愛でも嘘ばかり言う人が嫌われるように、きちんと答える人に内定が集まるのです。

タイトルとURLをコピーしました