元上場企業の人事関係者がお送りする、就活に役立つサイト限定LINEへのご招待です。

ジョブスプリングの適正検査って?利用した就活生の感想は?

新卒向けのエージェントとして一定の評価を得ているジョブスプリング。中でも、ジョブスプリングでは面接時に適性検査も併せて実施していることが特徴的です。気になっている就活生も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではジョブスプリングの適性検査について取り上げていきます。

元上場企業の人事関係者が、就活の裏情報をLINEでぶっちゃけます

ジョブスプリングの適性検査では、会員登録が求められる

ジョブスプリングが提供しているサイト「ジョブスプリング・オンライン」では適性検査という項目があります。テストの開始そのものは登録無料で進められるのですが、最後に結果を見ようとすると会員登録を求められるのです。

「個人情報を受け渡したくないんだけど」という就活生も多いなか、会員登録画面でためらった人も少なくないはず。筆者もその一人でした。
そこで登録するべきか迷っている人のために、JobSpringの良し悪しを率直に分析してみました。

ジョブスプリングの適性検査と面談の質は?

ジョブスプリングで行われる、適性検査と面談についてそれぞれ口コミを集めました。

ジョブスプリングの適性検査は納得感がある

エントリーしていた会社の面接をここで行うと言われたのですが、初めの適性検査や聞き取りをした時点で合わないと判断され、そのままエージェントの面談に。結果そこで適してると言われた業界に就職したのでそういう意味ではよかった
(…後略)

https://goo.gl/maps/W96Pc1DN2kbnJdeN8

こちらはGoogleに投稿されたジョブスプリングの口コミです。実際に利用したと思われる就活生が、適性検査については褒める口コミを投稿しています。実際にジョブスプリングで適性検査を受け、そこで合っていると判断された業界に就職することになった就活生の体験談です。

それなりに適性検査には納得感があるようですね。ですが、ジョブスプリングでは適性検査の他に、実際の面談を通して企業の紹介も行われます。企業の紹介、すなわちジョブスプリングのエージェントとしての質はどうなのでしょうか?

ジョブスプリングの面談の質は高い

同じく、Googleに投稿された口コミからの引用になります。

面談担当の方々は若めの人が多い印象ですが、担当していただいた方は私に関する質問が多く自分に本当に合う企業を紹介してくれているのだなと感じました。

https://goo.gl/maps/LzvviKT8yq8csY249

面談はほかのエージェントとあまり変わらなかったです。 でも、紹介された企業は良かった。 今のところその企業が第一志望か第二志望くらいなので内定が出るまでサポートしてもらう予定です。

https://goo.gl/maps/Z91mYysxytkzfEWg8

場所は少しわかりにくいですが、 担当していただいたエージェントの方がすごく真摯に話を聞いてくれて、 諦めかけていた就活を再開しようと思いました。 勇気づけられました。自分みたいに就活に悩んでいる人はぜひ利用するべきだと思います。

https://goo.gl/maps/ivn1zJo8pwBWPCM59

面談に関しては、褒める口コミがいくつも見つかりました。特に担当者の質が高い場合は、かなり面談の結果を肯定的に評価する人が多かったです。

ジョブスプリングのデメリット

ただ、これではジョブスプリングのメリットしかわかりませんよね。都合のよい情報ばかり伝えられても、納得できない!という人もいるはず。
そこで、本サイトではジョブスプリングのデメリットもきちんとご紹介します。

ジョブスプリングのデメリットは担当の当たり外れが大きいことです。

ジョブスプリングの担当者は当たり外れが激しい

エージェントサービスを利用しましたが、担当の方にやる気がなかったようです。

https://goo.gl/maps/aZwiJMg1GbQhKB1C9

正直帰りたかった。 企業選びの軸を話しても、なんだかピントのずれた提案ばかり。「そういう事じゃない…」という気持ちしかしませんでした。勧められてる業界に関して全く分からないと言っているのに、ずーっとペラペラ1人でしゃべられて分からないまま。 挙句の果てに、最後のアンケートに答えてる私をジロジロ見て「スッピンですか?」と聞いてきました。有り得ません…。

https://goo.gl/maps/W96Pc1DN2kbnJdeN8

担当者の対応が悪いし、大した会社紹介してくれないし、登録後音沙汰無し 行くだけ無駄な会社

https://goo.gl/maps/TayadVa2hZVygXX37

同じGoogleに寄せられた口コミには、かなり厳しいものもあります。その大半が、面談の担当者の質が低かった、というもの。
多くの担当者が在籍している会社とはいえ、一人の学生にとってはその担当者がジョブスプリングの全て。「ダメな人がいても、それはたった一人だから…」などと擁護はできません。

なんで人によってここまで違うの?

就活生
就活生

人によって評価違いすぎ!なにこれ!

就活生
就活生

同じエージェントでも担当者によって当たり外れがあるから。…どんなに大手の就活エージェントでもそうね。

就活生
就活生

なにそれこわい…もうエージェントやめようかな。

就活生
就活生

良い担当者の方が圧倒的に多いから、エージェントサービスが成り立ってるの。それと、エージェントの方が内定まで早いって知ってる?

エージェントを使った方が、内定まで圧倒的に早いです。
なぜなら、就活情報サイトでは「自己分析」「業界の絞り込み」「エントリー」「面接対策」などなど、全てを一人でやらなくてはいけないから

それに対し、エージェントは紹介先の選定も、企業への推薦も、全てやってくれます。圧倒的に早いです。内定を取ってから悩んだ方が、自分のキャリアについて考えるきっかけになります。
実際、管理人も「内定を取ってから」エージェントに相談に乗ってもらいました。優しいエージェントは、内定後の相談にも乗ってもらえます。

就活生
就活生

人生に関わることだから、妥協するのはよくないよなあ。話を聞くだけ、申し込んでみるかな。

就活生
就活生

一歩踏み出す勇気、就活でも仕事でも役に立つよ!

ジョブスプリングは、質の高いエージェント

最後に少し否定的な側面をご紹介しましたが、それでも多くの人がジョブスプリングを利用して、就職を決めていることは間違いありません。
そのため、迷っているのであれば一歩踏み出してみることを強くオススメします。別にそれが必ずしもジョブスプリングである必要はありませんが、「○○かもしれない」と思って行動してみることは、就活のような、決して答えのない問題に向き合うために必要な態度と言えるでしょう。

お知らせ:就活の裏情報をこっそり配信中

それでも、ジョブスプリングはイマイチだと思いましたか?
…たぶん、そう思っているあなたには「他に向いているサービスがある」可能性があります。

そもそも就活において、必要な情報・使うべきサービスは時と場合によって変わるもの。

そこで元就活生&上場企業の人事経験者の管理人が、リアルな就活情報を配信するLINEを始めました。使えるサービス・(場合によって)使えないサービスを「具体名を出して」ぶっちゃけています。ものすごく本音なので、クローズドな場で配信中です。

下のボタンの「友達追加」からどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました