元上場企業の人事関係者がお送りする、就活に役立つサイト限定LINEへのご招待です。

Spring就活エージェントの真実。実際の利用者の口コミや良い点・悪い点を全て公開します

サイトの評判・口コミ

アデコ株式会社が運営する、Spring就活エージェント。
実際、どんなサービスなんだろう?評判は?大丈夫なの?と気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで実際にSpring就活エージェントを利用した人による口コミや良い点・悪い点をすべてまとめました。結論は

  • 就活に遅れて、何としてでも挽回したい
  • 派遣・契約社員狙いでプライベートを充実させたい人
  • 「社外同期」の入社後のネットワークを使いたい

に向いているが、それ以外の人にはいまいちかも…?という結果になりました。

元上場企業の人事関係者が、就活の裏情報をLINEでぶっちゃけます

Spring就活エージェントは怪しくないの?

そもそもSpring就活エージェントは、怪しくないのでしょうか?
そこで運営企業について調べました。概要は以下の通りです。

運営会社アデコ株式会社
設立1985年7月29日
従業員数約3,000名
売上高1,683億円
住所東京都千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル
会社URLhttps://www.adeccogroup.jp/

…思っていたよりも、ずっと大きな会社だったのではないでしょうか?

というのも、それもそもはず。アデコ・グループは本社をスイスに置く世界最大の人材紹介業者であり、あのリクルートをも超える事業規模を持っています。アデコ株式会社は、日本における支社に過ぎないのです。
グローバルでのデータは以下の通り。

  • 全世界売上:2兆8,450億円
  • 拠点数:全世界60カ国以上、5,000以上
  • 取引先:10万社以上
  • 従業員数:3万4,000人
  • 本社:スイス・チューリヒ(スイス証券取引所上場)

企業そのものは世界トップクラスの規模を持つグループなのです!
なので、これが怪しいのであれば世界中の企業が怪しくなってしまいますね。企業の信用力は申し分ないといえるでしょう。

Spring就活エージェントの良い評判・悪い評判

企業は信頼できるとして、サービスそのものはどうなのでしょうか?
そこで、良い点・悪い点をまとめてみました。

  • 良い点
    • 就活に出遅れた人にも手厚いサポート
    • 派遣・契約狙いでも使える
    • 「社外同期」イベントで就職後も安心
  • 悪い点
    • 公開求人数が少ない
    • 早めに終わらせたい人には向いていない
    • 進捗管理などができず使いにくい

良いポイント・評判

就活に出遅れた人にも手厚いサポート

スプリング就活エージェントは、就活が遅れた人にもかなり手厚いサポートを行っているようです。2月時点でもその年の4月に卒業する大卒向けのイベントを行っていたりと、かなり遅い時点でもセミナー・個別面談を丁寧に開催しています。

リクナビから引用。かなり遅い時期にもセミナーを開催しています。

この時期にも受け付けてくれるのは「遅い時期から挽回をしたい就活生」や「本当に今の内定先で良いんだろうか?」と悩んでいる就活生の強い味方になってくれそうですね。

そもそも就活エージェントを使うことの強みは、スピード感です。
リクナビなどの就活サイトでは自分でエントリー→業界分析→企業分析→面接対策と、何でも自分でやらなくてはいけません。それをエージェントでは、かなりの部分を省略してやってくれるのです。Spring就活エージェントはかなり遅くまでやっているので、スピード感にあふれていることもうかがえますね。

派遣・契約狙いでも使える

また、Spring就活エージェントは派遣社員・契約社員狙いの方にも使えます。(私はあまりおすすめしませんが)たまに派遣・契約で就職したいという人がいるのも事実です。

というのも、Spring就活エージェントを運営するアデコ株式会社は、もともと人材派遣に強いんですね。同じ会社で人材派遣にも新卒にも強いというのは、かなりレアです(例えばリクルートは、「株式会社リクルートキャリア」は新卒・転職。「株式会社リクルートスタッフィング」は派遣と、会社は別れています)。

例えばどうしてもプライベートでやりたいことがある場合や、留学を考えていたり、家業を継ぐことが決まっていたりする場合は、派遣・契約の方が魅力的だ、という選択肢があるんですね。
最初から短期でしか働かない、正社員化するのも興味ない(もちろんチャンスはあります)という方には、使ってみるのをおすすめできます。

「社外同期」イベントで就職後も安心

就職活動が終わった後もサポートを続ける取り組みを始めたのがSpring就活エージェントです。

確かに、内定承諾後の「お疲れ様会」程度のイベントならどこのエージェントでもやっているのですが、Spring就活エージェントは一味違うようです。それが「社外同期」イベント
小さい会社や、大企業でも小さな部署の配属になると「同期がいない」という事態に直面します。そうなると休日も一人で過ごすことになったりと、かなり寂しい思いをするんですね。私の知っている人でも、そういう人はたくさんいます。

なので、エージェントが同じ者同士、社外であってもがっつりと仲間意識を持ってもらって、楽しく仕事をする。これが「社外同期」イベントです。
なかなかおもしろいと思います。あとは転職しそうになったときに相談してもらえばアデコがさらに儲かるという算段が透けて見えますが、まあそれはそれで問題ありません。

就職後もがっつりサポートに入ってほしい、という方には魅力的なサービスですね。

悪いポイント・評判

では、Spring就活エージェントの悪い点も取り上げていきます。

公開求人件数が少ない

公開求人はたったの104件/2020年2月撮影

公開求人数が少ないんです。

これはサイトから誰でも確認できるのですが、記事執筆時点でたったの100件ちょっと。これはかなり寂しい数ですね。なぜなら、リクナビやマイナビなどの大手就活エージェントサービスでは3-4万件程度を抱えているからです。

なので、少しでも業種・勤務地を絞ると選択肢が少なくなってしまいます。これは残念なポイントですね…。もっとも、非公開求人の数がもっと多いという可能性はあります。ですが確認のしようがないので、ここはマイナスでしょう。

難しかったという声も

また実際の利用者からはやっぱり難しかった、という声もありました。
もっともこの方は3月という非常に遅い時期に就活をされているようなので、厳しい戦いになるのは間違いありません。また、案件を紹介してくれているのも事実のようですから、Spring就活エージェントさんがかなりしっかりした対応をしてくれている、ということでもあります。

進捗管理などができず使いにくい

世界最大の割には使いにくいエージェント
今時応募した企業の進捗管理もできなければ、専用アプリなどもなく、全てメールでやりとり 世界最大とは名ばかりで使いやすさは中小企業となんら変わりはない

https://goo.gl/maps/JyYTKUSepQ6v4QWg6

進捗管理が一切できないという声も。確かに、並行して何社も申し込んでいると管理が煩雑になってしまうことは、就職エージェントあるあるなんですよね…。
この点、リクナビ就職エージェントさんはアプリがあったりするので、ごっちゃにならずに済みます。また、自分でGoogleスプレッドシート上に書き込んでまめに管理するという方法もありますが…正直、そこまでさせるなら他のサービス使うよね、と思います。

Spring就活エージェントに向いている人・向いていない人

以上のことから、Spring就活エージェントに向いている人、向いていない人をそれぞれまとめました。

  • 向いている人
    • 派遣・契約社員狙いの人
    • 就職後も社外のネットワークが欲しい
    • 遅れを挽回したい・悩んでいる人
  • 向いていない人
    • とにかく多くの選択肢から悩みたい人
    • 自分で進捗管理できない

向いている人

  • 派遣・契約社員狙いの人

派遣・契約社員で全く構わない、むしろそっちの方が好都合だ…という人は、ぜひとも使うべきでしょう。また案件が少ない割に地方の求人なども網羅しているようなので、使い勝手がよいサービスと言えるのではないでしょうか。

  • 就職後も社外のネットワークが欲しい人

「社外同期」の取り組みがかなり斬新です。入社後も寂しい思いをしたくない、会社に関係なく相談できる友達が欲しい…という人にはおすすめできますね。また、Spring就活エージェントの中の人は、SNSの利用が許可されている様子(一例がこちら)。Twitterで絡みにいくこともできるので、ぜひとも気になる方はどうぞ。

  • 遅れを挽回したい・悩んでいる人

とにかく就活に遅れて悩んでいる、内定に迷っていてもう一度就活をきちんと仕切り直したい、という人はおすすめできます。そういう人向けのイベントや相談会も熱心にやっているサービスなのが特徴ですので、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

向いていない人

  • とにかく多くの選択肢から悩みたい人

Spring就活エージェントの案件数の少なさには、かなり難があります。非公開求人がたくさんある…という可能性もありますが、選択肢がとにかく沢山欲しいのであれば他のサービスがあります。リクナビ就職エージェントdodaさんなどの方が、案件が多いのでそちらを使いましょう。

  • 自分で進捗管理できない人

また、進捗管理をするような仕組みはありませんので、それが自分でできなさそうだ、という人はおすすめできません。ですが普通のリクナビなどの就活サイトから沢山申し込んでも進捗管理は自分でやらないといけません。
なので、普通の人がやっているような手帳に記入していく進捗管理であれば何の問題もないとは思います。ただ、とにかく面倒が嫌だ!という人は、専用アプリがあるリクナビ就職エージェントを使いましょう。

Spring就活エージェントの評判のまとめ

いかがだったでしょうか。

Spring就活エージェントは、かなり遅めの就活に悩んでいる人や、就活後にもネットワークの不足に悩んでいるような人にもきちんとサポートをしてくれるサービスですね。また派遣や契約といった、新卒以外の選択肢にも対応できているのも強みと言えるでしょう。

あなたが納得の内定を得られることを祈っています!

タイトルとURLをコピーしました