元上場企業の人事関係者がお送りする、就活に役立つサイト限定LINEへのご招待です。

【悪評あり】digmeeの真実。良い・悪い口コミ/評判を紹介します【LINEで就活】

サイトの評判・口コミ

Micoworks株式会社が運営する、LINEから就活ができるサービスのdigmee
実際、どんなサービスなんだろう?評判は?大丈夫なの?と気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで実際にdigmeeを利用した人による口コミや良い点・悪い点をまとめました。結論は

  • LINEで使いやすい
  • 早期内定・質の高いイベントもやっている
  • ベンチャー企業が絶対に嫌!という人は微妙かも

という形になりました。どういうこと?と思った方のために、詳細をご案内します!

digmeeは怪しくないの?

そもそもdigmeeは、怪しくないのでしょうか?
そこで運営企業について調べました。概要は以下の通りです。

運営会社Micoworks株式会社
設立2017年
従業員数45人
住所〒531-0072 
大阪府大阪市北区豊崎3-9-7 いずみビル7F
許認可有料職業紹介
27-ユ-302371
会社URLhttps://www.micoworks.jp/

2017年に創業のかなり新しい企業ですが、従業員数が45人とかなりの急成長を遂げていることがわかります。また資金調達もかなり行っているらしく、将来性のある企業であることが伺えます。

また、こういう人材系の企業に珍しく本社が大阪ですね。関西の学生にはありがたいです。

digmeeの良い評判・悪い評判

それでは、digmeeを実際に使った人による良い評判・悪い評判をまとめました。

  • 良い点
    • LINEの手軽さがある
    • 説明会免除の企業がわかる
    • イベントの質が高い
  • 悪い点
    • ベンチャーに偏っている
    • 文言が時々あやうい
    • 「革命的に便利」ではない

良いポイント・評判

LINEの手軽さがある

LINEで手軽!迷わずにポチポチできます。

マイナビ、リクナビにありがちなのが、情報量多すぎ問題。
大量の選択肢からポチポチと業種を選択したり、せまい入力欄のエントリーシートにちまちま自己アピールを書いたり、ひたすら何ページも情報の入力が続いたり…。何度も嫌になっては、スマホやPCを投げたくなる。そんな瞬間、ありますよね?

digmeeだと、数択しかない選択肢をポチポチしていくだけで、企業からオファーが届くようになります。こんな感じです。

登録直後の画面

基本的にLINEの画面でなんとかなるので、サクサク進んでいきます。これはすごい。
もう大量の選択肢を見て、「なんだっけ…?」と悩むこともありません。

選考一部免除の企業がわかる

選考の一部を免除してくれる企業が多い。それもかなり。

digmeeから、「説明会免除」や「一次面接免除」のオファーが沢山届きます。これはとってもありがたくて、簡単に就活の持ち駒を増やせるんですよね。オファーを貰っただけで、「ああ、自分にもオファーを出してくれる企業があるのか」と、自信もつきますし。

またかなり早い時期からこういうオファーがバンバン届くので、早期内定も狙えます。さくっと内定まで経験して、本命企業に備えたいという人にも使えます。

イベントの質が高い

digmeeのイベント、GD・GW対策にいいですよ。

実はdigmee、LINEに限らずリアルイベントもやっているんです。これはいわゆる合同説明会なのですが、グループディスカッション(GD)がついてきます。これがなかなかの評判で、Twitterでも「イベントが良かった」という声が多数上がっていました。

「イベント目当て」で登録してみるのも、大いにアリですね!

悪いポイント・評判

では、digmeeの悪い点も取り上げていきます。

ベンチャーに偏っている

これは私も実際に登録してみて気になったのですが、ベンチャーが多い印象がありました。

別に悪いことではないのですが、どういう企業が多いのかは就活生として気になりますよね。もちろんベンチャーに行きたい人には向いていますが、それ以外をメインに考えている人は「本番のための面接・GW対策」という形で利用するのが良いでしょう。
いろいろな企業の情報を見ながら悩むのも、本番企業を受ける時の糧になります。「どうして自分がこの企業でないのかダメなのか=御社ならでは理由」を、きちんと語れるようになるからです。

サクッと登録してみても損はないと思いますよ。

文言が時々あやうい

本当に抽選か?という文言がちらほらこれも気になった部分でした。

上のツイートは、「あなたは抽選に当選したから参加して」と企業への選考参加を促す文言があったことを報告する内容です。あくまでTwitterなので真偽はわかりませんが、事実だとしたら、ちょっとヤバいのでは…?
私は法律の専門家ではありません。ですが、これは景品表示法における「有利誤認」と認定される可能性がある事案かと思われます。

これは推測ですが、運営体制が「やんちゃ」なのかもしれませんね。digmee運営のMicroworks株式会社はかなり若い企業ですし…。恐らく、今後改善されるでしょう。

革命的に便利ではない

すっごく、革命的に便利!…ではありませんでした。

確かに便利なんですよ。ポチポチ押していって、きちんと企業が表示されたときは「すげー」と思いました。そして、スキマ時間にも使えるぞ!と思ったのは事実です。

しかしやっぱり、これだけでは就活は終わらせられません。
リクナビ・マイナビは単独で就活を終わらせるだけのサービスを提供しています。最近話題のOfferBoxも、スカウトだけで内定獲得まで行く「圧倒的な期待感」を使っていてひしひしと感じました。しかし、digmeeにはそれがない。

単純に「就活サイトにありがちな情報入力・企業選びを簡単にしてくれたサービス」という感じです。これだけでは内定獲得まで行きません。残念ながら。

ここらへんは、digmeeの今後の進化に大いに期待するしかありませんね。
就活生としてはあまり期待しすぎず、適度に使っていきましょう。

digmeeに向いている人・向いていない人

以上のことから、digmeeに向いている人、向いていない人をそれぞれまとめました。

  • 向いている人
    • 早期内定狙い
    • ベンチャーからも内定が欲しい
    • スキマ時間を有効活用したい
  • 向いていない人
    • ベンチャーに全く興味がない
    • 知らない企業を調べる気がない

向いている人

早期内定が欲しい

早めに内定が欲しい人には、すごく向いているサービスです。
普通にリクナビ・マイナビを使っていると、とにかく時間がかかる。業種の選択も、ESの入力も、面接の申込みも、全て自分でやるからです。

ところがdigmeeは寝ているだけでも通知が来るんです。そして、選考に参加できる企業を教えてくれる。早期内定で早めに差をつけておきたい就活生にはもってこいです。ここで選考に参加できる企業を選んでいくのが、もっとも労力をかけずに経験値を貯められる方法だと思います。

面接は場数を踏み、振り返って改善することで初めてうまくなります。家で寝そべっていても何も改善されません!選考に参加できる企業を教えてくれるdigmeeをきちんと使いこなすこと。これで就活を有利に進められるはずです。

ベンチャーからも内定が欲しい

ベンチャーから「」内定が欲しい人。登録しましょう。

ベンチャー志望ならもってこいです。が、ベンチャーに興味がなくても「持ち駒としてキープしておきたい」という人には向いています。
なぜなら、面接の経験値というのはどこの業界でも役に立つから。

私も就活生として、ヘンに業界や規模を絞り込んでいた時期がありました。しかし、結果はダメダメでした。内定を一つでも持っておけば、「コンプリートした攻略法」を知っていることになるので、規模を妥協してでも内定をキープする経験をしておくべきでした。

ベンチャー志望でなくても、プラスに使えるdigmee。ぜひ登録しましょう!

スキマ時間を有効活用したい

家で寝ていても、スマホをポチポチして就活を進められます。

LINEの手軽さのおかげで、スキマ時間でも就活を進められます。そう、寝ていても就活できますよ!LINEをポチポチするだけですから。これは本当に「周囲と差をつける」ポイントになります。

しかし、勘違いしてはいけないのが就活が「終わる」わけではない、ということ。
あくまで進めるだけです。きちんと面接対策はしないといけませんし、求められるなら履歴書の提出も必要になってきます。何より、本番と同じ対策をしないと練習になりません。

家で寝ながら、有利に就活を進める。そんなdigmeeをぜひ使ってみましょう!

向いていない人

ベンチャー企業に全く興味がない

ベンチャー企業など全く興味ない、内定をくれると言われても絶対お断りだ…という人は、digmeeはあまり向いていないサービスです。なぜなら、ベンチャー企業が非常に多いからです。

digmee主催のイベントも、ベンチャー界隈が多いです。サイバーエージェントなど多少の例外はあるにはありますが…。大手の金融・商社・自動車などのオールドスクールな産業にしか興味がない人は、ちょっと向いていません。

リクナビ・マイナビなどから素直に申し込みましょう。

知らない企業を調べる気がない

自分で知らない企業を調べる気がない。対策する気がない。
こういう人は向いていません。

digmeeに掲載している企業は、知名度がそこまで高い企業はないようです(「小学生でも知っているレベルの大企業」はない)。なので、選考に参加するとしたら自分で情報を取りにいくしかないのです。そうなったときに、不利なのは「情報源が限られていると動きづらい人」。このようなタイプの人は利用するのが向いていないでしょう。

とはいっても、どんな企業でも「世間に知られているだけの情報を薄っぺらく喋る人」は落とされるのですが。そういった面を鍛えたい、対策したいと思う人は登録してみると良いでしょう。

digmeeの評判のまとめ

いかがだったでしょうか。
LINEで気軽に登録できるdigmeeは、家で寝ている間も就活を進められる便利なサービスです。またイベントの質も高く、GW対策もできてしまいます。早期内定も狙えるので、差をつけたい人はぜひ使ってみましょう!

あなたが納得の内定を得られることを祈っています!

お知らせ:就活の裏情報をこっそり配信中

それでも、Future Finderはイマイチだと思いましたか?
…たぶん、そう思っているあなたには「他に向いているサービスがある」可能性があります。

そもそも就活において、必要な情報・使うべきサービスは時と場合によって変わるもの。

そこで元就活生&上場企業の人事経験者の管理人が、リアルな就活情報を配信するLINEを始めました。使えるサービス・(場合によって)使えないサービスを「具体名を出して」ぶっちゃけています。ものすごく本音なので、クローズドな場で配信中です。

下のボタンの「友達追加」からどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました